劇を観て湧き起こった表現の衝動はどこへ行く? 呼吸のリズムと紐づけて考えると……

「呼吸と同じで出さないと入ってこない」

先週土日にお邪魔した岡崎おやこ劇場さんで聞いた言葉がすっと胸に入ってまだ体を出ていかない。今、子どもたちの演劇体験をもっとダイナミックに振り返る方法はないものかと模索してる最中だから尚更だ。続きを読む →

しばいの大学「戯曲研究講座Vol.3」のご案内。〜デバイジングは傑作を生み出せるのか?〜ゲストは昨年イギリス演劇留学から帰ってきた叶雄大さんです

すっかり児童演劇界に浸透した感のあるデバイジング(集団創作)。即興や実験をふんだんに取り入れた創作方法は、可能性を感じさせつつも続きを読む →

残り三週間! 早稲田大学の児童演劇と現代人形劇の企画展示「コドモノミライ」と「人形劇、やばい!」に行く価値はあるか

本記事で紹介している展示はすでに終了しています。

皆さんは、早稲田大学で開催中の「コドモノミライ現代演劇とこどもたち」と「人形劇、やばい!」に、もう行かれましたか? 気になりつつもなかなか足を運べてない方って結構いらっしゃると思います。そこで今日は、二つの展示の内容とおすすめポイントを示した上で、残り三週間わざわざ行く価値がある展示なのか、行くとしたらどれくらいの時間をみておくべきか、ということをご案内していきたいと思います。続きを読む →

はれぶたサウンドトラックCD発売記念! 演出が楽曲について「ウラ話付き」解説をします!

『はれときどきぶた』(人形劇団ひとみ座)は、作曲家庄子智一さんの素敵な音楽と演者達の優しい歌声が沢山詰まった人形劇です。なんと! この度その人形劇のサウンドトラックCDがひとみ座レーベルから発売されることになりました。解説を書きましたのでどうぞご覧ください。続きを読む →

しばいの大学「戯曲研究講座vol.2」のご案内〜劇場に縛られない戯曲とは〜ゲスト沢田裕位(齋藤博之)さん

これまでTwitterなどでお知らせしてきた講座ですが、いよいよ明後日になりました。
今回は、タイトルの「劇場に縛られない戯曲とは」の真意がちょっと伝わっていない感じがありますので(汗)、どういう勉強会なのか改めて告知させていただきます。続きを読む →