『天空の城ラピュタ』から読み解く劇作の基本テクニック〜セリフ編〜

今回は、「セリフ」に注目してみていきたいと思います。ラピュタには名台詞が沢山出てきますよね。それはもちろん宮崎駿氏の突出した才能があってこそ生まれてきたものですが、今回もその才能に注目するのではなく、あくまでその才能を支えた基本、つまり「セリフの構造」について考察してみます。
なお、本記事は、鹿児島県伊佐市で現在開講中の「お話づくり講座」の内容を元にしてあります。最後には、小6の受講生が書いた「セリフ」も登場します。皆さまも受講生になったつもりで一緒にお楽しみくださいませ。ではいってみましょう。

掲載しているラピュタの静止画はスタジオジブリの公式サイトで公開されているものを借用しました。

続きを読む →

『天空の城ラピュタ』から読み解く劇作の基本テクニック〜キャラクター編〜

2022年度は、鹿児島県伊佐市の地域おこし協力隊の活動として「お話づくり講座」(全6回)を開いています。
これは「劇作術の基本を学んであなただけの物語を書いてみませんか?」というライトな講座で、現在小学6年生から大人まで計6名が参加しているのですが、講座の内容を一部SNSなどで公開したところ、私が身を置く児童演劇界の関係者だけでなく、幅広い職業の方々から反応がありました。

その理由は、教材に『天空の城ラピュタ』という誰もが知る名作を用いたためなのですが、名作から劇作の基本テクニックを抽出して解説するという本講座の手法は、「感動を支えた作品の裏側に迫る」ようで、スポーツの解説のように親しみやすいのかもしれません。

そこで今回は、授業内容の一部を公開し、『天空の城ラピュタ』に隠された感動のレシピを紐解いてみたいと思います。私の実力で日本を代表する映画監督 宮崎駿氏の技術に迫るなど、恐れ多いのですが、私も劇作家の端くれ、なんとか基本テクニックくらいは読み解いてみたいと思います。

なお、今回の記事は、「キャラクター」について解説した講座の内容を、その日休んだ受講生に送った手紙を元にして書いていますので、前の講座の内容が出てきたり、質問を投げかけたりします。その点はご容赦いただき、一緒に講座を楽しむ感覚で読み進めていただけましたら幸いです。

掲載しているラピュタの静止画は、スタジオジブリ公式サイトで公開されているものを借用しました。

続きを読む →

(文字数オーバーで)お蔵入りした『おしいれのぼうけん』当日パンフ用 松本美里×西上寛樹 対談原稿を勿体ないのでブログで公開します!

ブログを長く休んでいる間に新作 松本美里の一人芝居『おしいれのぼうけん』(原作 古田足日・田畑精一 童心社/人形劇団ひとみ座作品 )が幕開けしました。劇場でお配りする当日パンフレット用に美里さんと本番前に対談をしたのですが、既定の文字数にどうしても収まらず結局お蔵入りに。勿体ないのでブログで公開します!

続きを読む →

伊佐日記3〜電気編。テンダーさん著『わがや電力』を見様見真似で始めた太陽光発電生活も早三ヶ月。今こんな感じ〜

トイレ、水ときてついに電気編。オフグリッド生活というとまず電気のことをよく聞かれますが、生活してる実感としては「電気はなくてもなんとかなる」ので優先度的に伊佐日記シリーズ3番目の記事になりました。本当はこの次に書こうと思っている「火編」の方が生活の優先度としては高いのですが、気分的にこちらの記事の方が先に書きたくなったのでその辺はテゲテゲに。

続きを読む →

伊佐日記2〜水編。お隣さんの湧き水を汲ませてもらう生活から水道を引き込むまで。あなたは1日に何リットルの水を使いますか?〜

鹿児島県伊佐市での新生活を伊佐日記としてレポートします! と意気込んで二ヶ月そのまま放置してしまいました。シロアリとの闘いが始まりブログどころでありませんでした。その闘いも一区切りがつきましたので、第二弾をレポートします。大事な大事な水のこと。

続きを読む →

練馬留学5、小学2年生の兄弟子の稽古場にお邪魔して考えたこと

この度、坂東冨起子先生の日舞教室の紹介動画を作ることになり、何名か先輩方の稽古場にお邪魔させていただいた。その中には小学2年生のM先輩がいた。その時に考えたことを綴ってみたい。きっと昨今の「習い事」の価値観とは違う発見があるはずである。

続きを読む →
テキストのコピーはできません。