しばいの大学「戯曲研究講座Vol.3」のご案内。〜デバイジングは傑作を生み出せるのか?〜ゲストは昨年イギリス演劇留学から帰ってきた叶雄大さんです

すっかり児童演劇界に浸透した感のあるデバイジング(集団創作)。即興や実験をふんだんに取り入れた創作方法は、可能性を感じさせつつも続きを読む →

残り三週間! 早稲田大学の児童演劇と現代人形劇の企画展示「コドモノミライ」と「人形劇、やばい!」に行く価値はあるか

皆さんは、早稲田大学で開催中の「コドモノミライ現代演劇とこどもたち」と「人形劇、やばい!」に、もう行かれましたか? 気になりつつもなかなか足を運べてない方って結構いらっしゃると思います。そこで今日は、二つの展示の内容とおすすめポイントを示した上で、残り三週間わざわざ行く価値がある展示なのか、行くとしたらどれくらいの時間をみておくべきか、ということをご案内していきたいと思います。続きを読む →

はれぶたサウンドトラックCD発売記念! 演出が楽曲について「ウラ話付き」解説をします!

『はれときどきぶた』(人形劇団ひとみ座)は、作曲家庄子智一さんの素敵な音楽と演者達の優しい歌声が沢山詰まった人形劇です。なんと! この度その人形劇のサウンドトラックCDがひとみ座レーベルから発売されることになりました。解説を書きましたのでどうぞご覧ください。続きを読む →

しばいの大学「戯曲研究講座vol.2」のご案内〜劇場に縛られない戯曲とは〜ゲスト沢田裕位(齋藤博之)さん

これまでTwitterなどでお知らせしてきた講座ですが、いよいよ明後日になりました。
今回は、タイトルの「劇場に縛られない戯曲とは」の真意がちょっと伝わっていない感じがありますので(汗)、どういう勉強会なのか改めて告知させていただきます。続きを読む →

首里城火災を受けて〜『ちゃんぷるー』を生んだガイドさんとの出会い〜

「五月二十三日。真っ赤な首里城の屋根の上にはシャチホコの代わりに龍が飾られていて、まるで中国のお城のようでした。でも唐破風(からはふ)と呼ばれる屋根の作りは日本の建築方法を使っているということで、これは琉球王国が日本と中国どちらにも礼を尽くしますが、どちらからも独立した国家ですよという無言のアピールだったという事です。ガイドさんのお話は分かりやすくてとても面白かったです。」

これは『ちゃんぷるー』の第3場で語られる愛梨のセリフです。続きを読む →

再録:ボクが南アフリカで初めて観たベイビーシアター作品について

こちらの記事は、2017年の記事からの再録です。
最近、ベイビーシアターについて語ることが増えてきました。その時によく引用するのが2017年に南アフリカで行われた児童演劇の世界フェスティバルで観たダリアの作品のことです。ブログにはアップしていなかったので再掲載しておきます。

続きを読む →

あなたはあなたのままでいい〜自己肯定感を育むベイビーシアターから社会を見つめ直す〜

韓国観劇ツアーノート5 ※Facebookから再掲載

ベイビーシアターの必要性についてこれまで「赤ちゃんにとって」「お母さんにとって」という視点からみてきました。
最後は「社会にとって」という視点から考えてみようと思います。ベイビーシアターは社会にどんな影響を与えうるのか。続きを読む →

産後鬱からお母さんを守る! コミュニティーとしてのベイビーシアター

韓国観劇ツアーノート4 ※Facebookから再掲載

前回は赤ちゃんにとってのベイビーシアターの必要性について考えました。思ったより多くの反響を得て驚いています。
その中で「子育てはお母さんだけでなくお父さんも行うものですよね」というコメントをいただきました。全くその通りだと思います。加えてボクは、たとえ子どもがいない人でも子育てに参加できるのが人間の特徴であり、喜びだと考えています。続きを読む →

持って生まれた機能を育むパフォーマンス〜なぜ今赤ちゃんにとってベイビーシアターが必要かを考える〜

韓国観劇ツアーノート3より ※Facebookから再掲載

一昨日、敦化門国楽院に農楽を観に行ったら人形劇団プーク の川尻真美夏さんとばったり。家族旅行中とのこと。「西上さんは何をしにソウルへ?」と聞かれ、ベイビーシアターフェスの話をすると、ご家族の方は「え? 赤ちゃんも劇観るの?」と驚きの様子。口にこそ出されませんでしたが「なんのために?」「赤ちゃんには早くない?」という感じ。気がつけばこの世界に魅了されてしまった身としては逆に新鮮なリアクションでした。続きを読む →

『子どもを飽きさせないため、という言葉の違和感が解消!』 〜韓国プチョンベイビーフェス。ジャッキーのレクチャーから考えたこと〜

韓国観劇ツアーノート2※Facebookから再掲載

太田昭さん達は昨日台風の中九州経由でなんとか帰国したとのこと。ボクはまだ帰国せずせっかく来たので色々観てから帰ろうと思ってます。
台風のことで家族と連絡を取ったり、知人の安否をFacebookやTwitterで確認したりと落ち着きませんが、心配ばかりしてるわけにもいかないので、今自分がしていることも進めていきます。まずはフェスで感じたことを反芻すること!続きを読む →